Customer Center
Login | Register

xMAP® SSA RUO サルモネラ血清型判定キット

xMAP Salmonella Serotyping Assay

サルモネラ菌は最も多く食中毒を起こす原因菌として知られています

xMAP® SSA RUO サルモネラ血清型判定キット

 

サルモネラ菌は食中毒の原因菌として最も多く報告される原因菌で、米国において年間140万人に食中毒を起こし400人以上の死亡者を出しています。1

 

xMAP® SSA RUO サルモネラ血清型判定2キットは食中毒の原因として頻繁に分離されるサルモネラ菌の90%以上3 を血清型判定することが可能です。従来法では血清型判定までに6週間程度かかるのに対し、本製品であれば数時間で詳細な血清型が得られます。

 

 

xMAP® SSA RUO 抗血清凝集反応
最もよく遭遇するサルモネラ血清型の90%を同時に検出 個々の抗血清凝集試験とPhase inversionの繰り返し
粗雑で利用困難な単離物からも血清型判定可能 粗雑で非運動性の単離物からは血清型判定不可能
cGMP 試薬 抗血清にロット間差があるため、ラボでのバリデーション検査に手間と時間を要する

定性的判定:

  • 相対的なデータしきい値を設定
  • 所要時間は4時間

主観的判定:

  • 凝集を可視化して読取り
  • 所要時間は2日から6週間

 

 

xMAP® Salmonella Serotyping Kit

xMAP® SSA RUOは、高速で正確かつ包括的なサルモネラ血清型の分子判定を目的としてCDCによって開発されました。sup>3-4 アッセイはO抗原とH抗原を同時に検出する3つの別々のテストで構成され、 追加試験(AT)における血清型特異的マーカーのいくつかを検出する能力も備えています。

 

  • O群7種類、H抗原35種類、および追加の対象菌3種を検査
  • 実績のあるLuminexテクノロジーで構築: MicroPlex® Microspheres and Luminex® 100/200™
  • キット構成:プローブ結合ビーズ、プライマー、バッファー、SAPE(100テスト分)

 

xMAP® SSA RUOで検出可能な抗原
テスト 検出可能な群/抗原
O群 B, C1, C2, D, E, G, パラチフスA血清型 (ParaA)
H群 a, b, c, d, j, (e,h), i, k, r, z10, z, z29, z6, y, L-complex, v, z28, EN-complex, x, z15, 1-complex, 2, 5, 6, 7, G-complex, f, (m/g,m), (m/m,t), p, s, t-1*, z51, z4-complex, z24
AT sdf (S. enteritidis特異的), fljB (H 第二抗原フェーズのポジティブコントロール), Vi (S. typhi特異的)

ワークフロー

 

Salmonella Serotyping Assay Workflow | Step 1

ステップ 1

シンプルな抽出方法を用いて15分でサルモネラからDNAを抽出定量

Salmonella Serotyping Assay Workflow | Step 2

ステップ 2

キット同梱の検出試薬3種類について、ビオチン化プライマーを用いたマルチプレックス・PCRアッセイを実施

Salmonella Serotyping Assay Workflow | Step 3

ステップ 3

ビオチン標識したアンプリコンと、オリゴヌクレオチドプローブを結合したマイクロビーズの混合物とがハイブリダイズし、SAPEで標識

Salmonella Serotyping Assay Workflow | Step 4

ステップ 4

アッセイプレートをLuminex® 100/200™ で解析

得られたデータを必要に応じてKauffman-White-Le Minor様式に基づくサルモネラ 分析ツールで解析

ご注文・お問い合わせ

 

Luminex Order Management
Email: [email protected]
Phone: 03.5545.7440
Fax: 03.5545.0451
製品名 容量 薬事登録状況 製品番号
xMAP SSA RUO サルモネラ血清型判定キット 100テスト分 研究用試薬 (RUO) AGSSA4502
  1. Voestch AC, Van Gilder TJ, Angulo FJ, et al. FoodNet estimate of the burden of illness caused by notyphoidal Salmonella infections in the United States. Clin Infect Ds 2004;38:127-34
  2. Fitzgerald C, Collins M, van Duyne S, Mikoleit M, Brown T, Fields P. Multiplex, bead-based suspension array for molecular determination of common Salmonella serogroups. J Clin Microbiol 2007 Oct;45(10):3323-34.
  3. McQuiston JR, Waters RJ, Dinsmore BA, Mikoleit ML, Fields PI. Molecular determination of H antigens of Salmonella by use of a microsphere-based liquid array. J Clin Microbiol. 2011; 49(2): 565-73
  4. Fitzgerald C, Collins M, van Duyne S, Mikoleit M, Brown T, Fields P. Multiplex, Bead-Based Suspension Array for Molecular Determination of Common Salmonella Serogroups. J Clin Microbiol. 2007; 45(10): 3323–3334

 

この製品は研究用試薬です。体外診断用医薬品としての使用はできません。