Pharmacogenetics
Customer Center
Login | Register

ゲノム薬理学

ゲノム薬理学

予測、予防的な患者様を中心とした治療モデル

遺伝学を通じてのオーダーメイド医療

ゲノム薬理学は、個人の遺伝子型がどのように薬物の反応に影響を及ぼすかについて分析します。 患者様の間で薬物反応の違いを引き起こしている遺伝子変異についての情報を知ることで、「個別化」薬物治療を行える可能性があります。

 

薬物の代謝反応に携わる遺伝子はいくつかありますが、 最も著名なものの一つに、シトクロムP450(CYP)遺伝子があります。代謝酵素であるシトクロムP450(CYP)遺伝子は主にヒトの肝臓に存在し、多くの種類があります。これらの酵素の多くは、治療のために処方された薬剤の分解と排出に重要な役割を果たします。

シトクロム P450 2D6

CYP2D6遺伝子型の情報はプロドラッグなど代謝によって活性化される薬物の投与量や副作用リスクの軽減などに大きな利点があると考えられます。
 
 
 
さらに詳しく

シトクロム P450 2C19

CYP2C19は、昨今使用されている処方薬の約5%を代謝します。 心臓病、鬱病、真菌感染症の治療のために汎用され、最も販売されている治療薬のいくつかは、CYP2C19によって代謝されます。 CYP2C19遺伝子型を把握することは、薬剤にどのように反応するかという洞察を提供することができます2
 
さらに詳しく