MultiCode® -RTx テクノロジー

MultiCode Base Pair

高い特異度をもつ効率的な遺伝子検出テクノロジー

MultiCode® -RTx テクノロジー

 

MultiCode® -RTx テクノロジーは、ユニークなMultiCode® ベースのisoC、isoGを使用したリアルタイムPCRやマルチプレックスPCRです。合成オリゴのisoC:isoGは自然界で起こるC:Gベースペアとは異なるパターンの水素結合をもっています。結果として、MultiCode® ベースのisoC:isoGのみがベースペアになります。増幅中、この合成オリゴがサイト特異的にPCR産物に組み込まれます。

 

Comparing MultiCode and Standard Base Pairs

 

 

MultiCode® ベースのisoC:isoGはLuminexの次世代の遺伝子検出のための構成要素です。MultiCode® テクノロジーのPCRは感染症の原因微生物や他の遺伝子疾患の早期検出に使われています。

結果への自信

 

シンプルなワークフロー

 

 

高いコストパフォーマンス

 

MultiCodeのワークフロー

 

 

Step 1: プライマーアニーリングと伸展反応

 

MultiCode Step 1

5末端にisoCを入れた蛍光標識プライマーと非標識プライマーがターゲット遺伝子にアニーリングします。蛍光標識プライマーは増幅工程で新しく合成されたPCR産物に取り込まれ、次のサイクルの鋳型として利用されます。


Step 2: サイト特異的isoGの取り込み

 

MultiCode Step 2

非標識プライマーから伸展したPCR産物は、クエンチャーと結合しているisoGを取り込み、反応を終了します。結果として、近接しているisoCに標識されている蛍光が消失します。蛍光量の減少は、PCR産物の量に比例します。


Step 3: 融解曲線の作製

 

MultiCode Step 3

増幅反応終了後、融解曲線を作製します。熱を加えることで2本鎖のPCR産物が解離し、蛍光量がもとに戻ります。

 

蛍光量はリアルタイムPCRシステムの機能によりモニターされます。サンプルプロセッシングコントロールは核酸抽出と増幅のコントロールとして使用することができます。1 リアルタイムPCRシステムで得られた結果をMultiCode®-RTx解析ソフトウエアで解析します。

 

  1. For Laboratory Use Only.