Guava® easyCyte™

簡単操作のコンパクトフローサイトメーター

Guava® easyCyte™のビデオをご覧ください

 

 

 

 

Luminexのマイクロキャピラリーフローサイトメトリーシステムは、従来のシース液ベースのフローサイトメーターに比べて操作もメインテナンスも簡単です。少量サンプルで測定でき、廃液量とランニングコストを最小に抑えました。Guava® easyCyte™フローサイトメーターは実験環境に応じたオンデマンドな使用に適しており、1998年以来多くの研究者の細胞解析の実施をサポートしてきました。

 

カタログのダウンロードは こちら>

 

Guava easyCyte ベンチトップフローサイトメーター

 

研究ニーズに最も適した光学系とサンプルフォーマットをお選びください。

 

励起レーザー

(下記は各Guavaシリーズ)
405 nm 488 nm
(50 mW)
488 nm
(150 mW)
532 nm 642 nm
5, 5HT        
5HPL, 5HPL HT        
6-2L, 6HT-2L      
8, 8HT      
BG HT      
11HT      
BGR HT    
12HT    
BGV HT    

 

各モデルの詳細な仕様はこちら>

 

1~3種類の励起レーザーによる12種類の蛍光検出に加えてサイズおよび粒度の決定のための前方および側方散乱を含む最大14種類の同時検出パラメータを提供します。高感度な検出を必要とするアプリケーション向けに、高出力のブルーレーザー(HPL)を搭載したシングルチューブタイプおよび96ウェルプレートプレートタイプのGuavaシリーズを提供しています。

 

 

Guava easyCyte 12の3レーザシステムの光学系

Guava easyCyte 特長

 

Guava easyCyte フローサイトメーターは複雑なアッセイを実行するために、コンパクトでユーザーフレンドリーなフォーマットを可能にする新しいマイクロキャピラリー技術を使用しています。このシンプルな流路系によって、ユーザーは自分でフローセルを取り外して洗浄し、光軸調整を実施することが可能です。あらゆる組み合わせでご利用いただける新しい、より堅牢な光学系によって、研究室の実験と予算に合わせて励起レーザーと蛍光検出チャネルをお選びいただけます。当社の多彩な光学組成のモデルには、手頃な値段のシングルチューブタイプや自動測定が可能な96ウェルプレートタイプのGuavaシリーズがあります。

 

詳細な仕様はこちらを ご覧ください。

 

シース液不要 – 特許取得済みのマイクロキャピラリーシステムを使用した直接サンプリング

 

すべてのGauva easyCyte システムは簡単な操作と、最小限のセルフメンテナンスが可能な独自のマイクロキャピラリーフローセルを使用しています

 

  • マイクロキャピラリーにより細胞縣濁液を直接サンプリングできるため、シース液が不要となりました(下図)。その結果、Gauva easyCyte システムは非常にコンパクトになり、操作も簡単です。
  • フローセルは簡単に取り外して洗浄いただけます。そのためフローセルが詰まって測定ができなくなることはありません。この特長によって、Guava easyCyte システムは様々な細胞や粒子測定に広く適用できます。

 

 

No Sheath Fluid – Direct Sampling Using the Patented Microcapillary System

 

 

レファレンスビーズ無しで絶対数カウントが可能

 

細胞縣濁液を直接吸引することで絶対数カウントが可能となり、測定結果も自動で出力されます。直接サンプリングを可能にしたGauva easyCyte システムの高性能シリンジポンプは、流量を調整し明確なデータ出力を可能にしました。

 

シングルチューブと96ウェルプレートの測定フォーマット

Guava easyCyte HT

 

96ウェルプレートフォーマット

 

Guava easyCyte HTシリーズは、96ウェルプレートと10本のサンプルチューブの測定が可能なローダートレイを実装しているため、フォーマットに応じた柔軟な測定が可能です。各ウェル中のサンプルを取得する前に、自動洗浄機能付きの可変速ミキサーパドルが測定溶液を縣濁するため、プレートをロードした後に各ウェルをマニュアルで攪拌する必要がありません。ミキサーパドルによる縣濁は、振盪型のプレートホルダーよりも効率的で、サンプル間のキャリーオーバーを軽減させます。

 

 

Guava easyCyte

シングルチューブフォーマット

 

購入コストを抑えて装置を導入したい方には、シングルチューブを手動でセットして測定するGuava easyCyte シングルシリーズがおすすめです。リボルバー型のサンプルチューブローダーを実装するGuava easyCyte シングルシリーズは、2つの別々のチューブを同時に保持しながら順番に測定できるため、サンプルからサンプルへと迅速に測定でき、また、サンプル間で洗浄を挟むことも容易です。

 

 

様々な蛍光色素と蛍光試薬に対応

 

ユーザー視点で開発したレーザーの搭載種類と蛍光検出器の選択により、Guava easyCyte には、皆様が頻用し信頼する蛍光色素や、蛍光強輝度が高く励起が安定している多くの色素をご使用いただけます。

 

Guava easyCyte のパフォーマンス

 

コンパクトなGuava easyCyteフォーマットは光学系とソフトウェアの技術を刷新しました。

 

8ピーク レインボービーズ

 

Inside the Guava® easyCyte™ 12 systems

 

正確な測定

 

Guava easyCyte 8HT の測定の正確性をヒト全血(FlowCellect® Human CD4 / CD8 T Cell Kit)を用いて示しました。本結果はシース液ベースのフローサイトメーターと結果と同等であることを示しています。

 

Guava easyCyte 8HT と従来のフローサイトメトリーの正確性は同等

 

 

Guava easyCyte 12による0.2μmの微小粒子ビーズを検出する優れた能力

 

 

ウェル毎の攪拌によりプレート全体で一貫した測定結果を実現

 

96ウェルプレートを用いた場合のサンプリングは、自動洗浄機能付きの可変速ミキサーパドルが各ウェル間で使用され、サンプルを都度縣濁しますので、プレートをロードした後に手動でサンプルを攪拌する必要がありません。

 


96ウェルプレートの各ウェル間におけるミキサーパドルによる自動攪拌により、ウェル間での濃度のばらつき度合は全ウェル間で低値に収まりました。 Guava® easyCheck™ ビーズを1.0×10 e6 個/mlの濃度に希釈し、96ウェルプレートの全ウェルに添加しました。次いでプレートを150xgで5分間遠心し、ビーズを沈降させました。その処理を行なったあと、各ウェルを測定し、濃度を決定しました。データは各ウェルの濃度(実線)および±10%値(点線)の濃度を示しています。

 

ミキサーパドルによる縣濁機能は、各ウェル間のキャリーオーバーを排除し、この機能はプレートホルダーを振盪させるよりも効率的です。以下のデータはキャリーオーバーがこのフォーマットで最小化されていることを確認した結果です。

 

  Plate 1 Plate 2 Plate 3 Plate 4 Plate 5
Carryover 0.15% ± 0.17% ± 0.21% ± 0.23% ± 0.22% ±
Percentage 0.01 0.17 0.08 0.07 0.04

 

 

免疫細胞の8カラーフェノタイピング

 

Guava easyCyte 12HT システムは、1回のアッセイで8種類の蛍光色素を正確に識別します。

 

 

 

細胞取得と解析を行なうソフトウェアテンプレート

 

細胞取得と解析を行なうGuava Suite Softwareは扱いやすくユーザーフレンドリーです。ソフトウェアの詳細については、
こちらをクリックしてください。

 

校正済みで調整不要

 

すべてのGuava easyCyteは装置間の再現性を保証するためにキャリブレーションされ、最適化されています。そのため、お客様による装置の調整は不要です。

 

光学系が異なるシステムでもGuava easyCyte間同士で設定情報の交換が可能です。

 

Guava easyCyte間同士で設定や測定方法を転送できるため、機器間のデータの比較やクロスサイトバリデーション試験が可能になります。

 

 

日常の品質管理

 

Gauva easyCheck Kitは測定前にシステムの性能を検証し、品質管理を維持するために用いられており、校正に最適なキットです。このキットは、Guava easyCheck標準蛍光ビーズと希釈溶液で構成されており、計数の正確性と蛍光検出の校正を簡単に実施いただけます。 Gauva easyCheck KitはGuavaシリーズ全てに含まれており、日々実施いただく検出系の校正と品質管理を可能にします。

 

キットのリストを表示するにはこちらを クリックしてください。

 

マイクロキャピラリーフローサイトメトリーにおける20年以上の経験

 

1998年以来、Guava システムは多くの研究者の細胞解析をサポートしてきました。

 

フローサイトメーターとイメージング

Luminexのフローサイトメーターを用いれば、迅速な測定とイムノフェノタイピングが可能です。

Amnis CellStream
Amnis FlowSight
Amnis ImageStreamX Mark II
Guava Muse

 

サポートとソフトウェア

サービスサポートに加えてメールまたはお電話でもサポートをご利用いただけます。

Guava easyCyte サポート
Guava ソフトウェア

Millipore、EMD Millipore、MilliporeSigma、Mロゴ、およびMilliporeSigmaのロゴは、Merck KGaAの登録商標もしくは商標です。