Customer Center
Login | Register

xMAP® テクノロジー

xMAP Technology

1サンプルから最大500項目のマルチプレックス解析可能なビーズ技術

最も信頼されたマルチプレックステクノロジー

 

LuminexのxMAP® テクノロジーは、先進的な流体工学、光学、デジタル信号処理、独自のマイクロビーズ技術を組み合わせて、マルチプレックスアッセイを実現したものです。柔軟でオープンアーキテクチャ設計を特徴とするxMAP® テクノロジーは、タンパク質や核酸など様々なアッセイへ、速やかに、しかも低コストかつ高い正確性で適用可能です。

xMAP® テクノロジーの仕組み

 

オープンアーキテクチャのxMAP® テクノロジーは、生物学的試験(アッセイ)のマルチプレックス化を可能にし、ELISAやウェスタンブロッティング、PCR、マイクロアレイといった従来の分析法に要する時間、労力、コストの削減を可能にします。xMAP® テクノロジーで用いるシステムでは、マイクロビーズと呼ぶカラーコード化されたビーズ1つ1つの表面でアッセイ反応を行い、その結果をアナライザーで個別に読み取ります。アナライザーは複数波長のレーザー/LEDと高速なデジタル信号プロセッサを用いて、各マイクロビーズ上で生じた反応をマルチプレックスアッセイの結果として読み取ります。

xMAP® テクノロジーの利点

 

  • マルチプレックス化によってコストと労力を軽減
  • より少ないサンプルからより多くのデータを生み出す
  • 固相平面のアレイよりも迅速でより再現性の高い結果をもたらす
  • 最少1項目から最大500項目まで、目的を絞り込みやすく柔軟なマルチプレックス化が可能なため、様々なアプリケーションに対応可能

xMAP® テクノロジーは、ELISAや平面アッセイとどう違のでしょうか?

 

xMAP® テクノロジーは頑健性の高いマルチプレックス解析法であり、潜在的には、ELISAやマイクロアレイといった他のバイオアッセイ製品に比べて、短時間でより多くのデータをもたらします。このテクノロジーは以下のように従来の方法には見られない注目すべき利点もあります。

  • スピード/ハイスループット — 各マイクロビーズが個別の検出結果を提供するため、何種類もの別々のバイオアッセイを同時に行い、測定・解析することができます
  • 多様性 — 異なる分析対象の様々なアッセイ形式が、xMAP® テクノロジーをベースにした1台のシステムで利用可能です。つまり、核酸の反応、抗原抗体反応、酵素、受容体-リガンド、その他のタンパク質相互作用などの解析を1台で行うことができます。
  • 柔軟性 — ユーザー毎のニーズに合わせてカスタマイズしたり、後から別のマイクロビーズを足すことによってアッセイ系を拡張することも可能です。
  • 正確性 — 生物学的相互作用のリアルタイムな解析と正確な定量を可能にします
  • 再現性 — 固相平面アレイでは不可能であった、1ロットのxMAP® マイクロビーズの大量生産が可能であるため、アッセイの標準化ができます。

 

重要なことは、多項目解析とハイスループット解析の2つの要件が同時に求められるニーズを満たしている手法は他にはないことです。従来からあるELISAやリアルタイムPCRののような技術は、ハイスループットアプリケーションとしては優れていますが(1日1,000サンプル以上アッセイが可能)、1サンプルにつき5項目程度以上を同時に測定する能力には欠けています。一方、マイクロアレイのテクノロジーは高密度スクリーニングとしては優れていますが(250プレックスを超える多項目)、しかしながら、ハイスループットアプリケーションに必要な再現性に欠けています。1日で1,000サンプルを処理し、1サンプルにつき1〜500項目のアッセイが必要なアプリケーションには、事実上xMAP® テクノロジーしか選択肢がありません。