Customer Center
Login | Register

xTAG™ CYP2D6 v3 IUO 薬物代謝関連遺伝子型判定キット(研究用)

xTAG CYP2D6 Pharmacogenetics Testing

煩雑なCYP2D6の遺伝子型判定をシンプルにし、より早く信頼できる結果を提供

FDAで承認されたシンプルなプロトコールを使用して薬物代謝に重要な役割を果たすCYP2D6の遺伝子型を判定します。表現型に反映される一塩基変異や、遺伝子欠損、重複も検出することができます。また、異なる人種間のCYP2D6の多様性も同定します。xTAG™ データ解析ソフトウェア(TDAS)で自動的にすべてのサンプルについて明確な判定結果を得ることができます。

 

CYP2D6は向精神薬、鎮痛薬、心血管薬など多くの薬を代謝すると考えられています。 そのCYP2D6の遺伝子は人種間で高い多様性があります。表現型でプアメタボライザーを呈するCYP2D6遺伝子多型は白人種で6-10%、アフリカ系人種で2%、アジア系人種で1%存在するとわかっています。1 CYP2D6の遺伝子多型を同定することは、臨床医が適切な投薬治療による個別化医療を提供することに役立ちます。2

 

精確で信頼のおける網羅的遺伝子多型判定アッセイ

 

xTAG™ CYP2D6 v3 IUO 薬物代謝関連遺伝子型判定キット(研究用)は、臨床医がCYP2D6によって代謝される薬剤の投薬方針を決定するのを助ける、定性的な遺伝子多型判定キットです。このキットはCYP2D6遺伝子の欠損(*5)や重複を含む遺伝子変異を検出するためのパネルです。 このアッセイは、マルチプレックスPCRとマルチプレックスアリル特異的プライマーエクステンションアッセイ(ASPE)の反応産物を、LuminexのxMAP® テクノロジーを使ってLuminex® 100/200™ システム で検出します。付属の解析ソフトが各サンプルの遺伝子型を自動で判定します。

信頼性

高い精確性と再現性3

実践的

遺伝子欠損、重複を含む17種類の遺伝子変異/多型を検出

効率的

効率的なプロトコールによって同日中の遺伝子多型結果を提供

概要

 

  • 遺伝子型 — *1, *2, *3, *4, *5, *6, *7, *8, *9, *10, *11, *15, *17, *29, *35, *41
  • システム/ソフトウエア — Luminex 100/200 システム/PONENT™ 3.1 以上
  • 再現性 † — 100%
  • 精確性 — 100% (シークエンス法と比較 †)
  • 最適DNA使用量 — 24 ng to 1800 ng
  • 検体 — EDTAまたはクエン酸添加血液
  •  

    † 再検査を含む

     

     

    xTAG™ CYP2D6 v3 IUO 薬物代謝関連遺伝子型判定キット(研究用)で同定できるアリルと一塩基変異3

     

    • 遺伝子欠損、重複を含む遺伝子多型を網羅的に検出
    • 薬物代謝の違いに関与する主なアリルを同定

     

    アリル/一塩基変異
    *遺伝子型 検出できる一塩基多型 米国白人種における頻度4 米国アフリカ系人種における頻度4 予想される酵素活性
    *1 None 37 to 40% 29 to 35% Normal
    *2 -1584C>G, 1661G>C, 2850C>T, 4180G>C 26 to 33% 18 to 27% Normal
    *3 2549A>del 1% 0.2 to 0.6% None
    *4 100C>T, 1661G>C, 1846G>A, 4180G>C, 2850C>T 18 to 20% 6 to 9% None
    *5 deletion 2 to 4% 6 to 7% None
    *6 1707T>del, 4180G>C 1% 0.5% None
    *7 2935A>C Not known Not known None
    *8 1661G>C, 1758G>T, 2850C>T, 4180G>C Not known Not known None
    *9 2613delAGA 2 to 3% 0.3% Reduced
    *10 100C>T, 1661G>C, 4180G>C 2 to 8% 0.3 to 0.4% Reduced
    *11 883G>C, 1661G>C, 2850C>T, 4180G>C Not known Not known None
    *15 138insT Not known Not known None
    *17 1023C>T, 1661G>C, 2850C>T, 4180G>C 0.2 to 0.3% 15 to 26% Reduced
    *29 1659G>A, 1661G>C, 2850C>T, 3183G>A, 4180G>C Not known5 Not known5 Reduced
    *35 -1584C>G, 31G>A, 1661G>C, 2850C>T, 4180G>C 7.4%6 1%6 Normal
    *41 1661G>C, 2850C>T, 2988G>A, 4180G>C 9%6 11%6 Reduced
    DUP duplication

xTAG™ CYP2D6 v3 IUO 薬物代謝関連遺伝子型判定キット(研究用)

ワークフロー

 

Luminex100/200™ システムでのワークフロー

 

CYP2D6 & CYP2C19 Workflow

ご注文・お問い合わせ

 

Luminex Order Management
Email: [email protected]
Phone: 03.5545.7440
Fax: 03.5545.0451
製品名 容量 薬事登録状況 製品番号
xTAG™ CYP2D6 v3 IUO 薬物代謝関連遺伝子型判定キット(研究用) 48 テスト分 研究用試薬 R030B0375

xTAG CYP2D6 Kit v3 Resources:

 

xTAG CYP2D6 Kit v3Product Sheet (US)


Pharmacogenomic Biomarkers in Drug LabelsU.S. Food & Drug Administration

  1. Tramadol Therapy and CYP2D6 Genotype. Medical Genetic Summaries (Internet). Cited 2017 October. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK315950/.
  2. Becquemont L (June 2009). Pharmacogenomics 10 (6): 961–9.
  3. xTAG CYP2D6 Kit v3 Package Insert
  4. Bradford LD. CYP2D6 allele frequency in European Caucasians, Asians, Africans and their descendants. Pharmacogenomics 2002; 3(2): 229-43.
  5. Wennerholm A, Johansson I, et al. Characterization of the CYP2D6*29 allele commonly present in a black Tanzanian population causing reduced catalytic activity. Pharmacogenetics 2001; 11(5):417-427.
  6. Gaedigk A, Ryder DL. CYP2D6 poor metabolizer status can be ruled out by a single genotyping assay for the -1584G promoter polymorphism. Clin Chem 2003;49(6 Pt 1):1008-11.

 

本製品は研究用試薬です。体外診断用医薬品としての使用はできません。